競売物件でマンション経営をするメリットは色々ありますが、デメリットもあるという事に注意が必要です。

競売でマンション経営をするメリットとデメリット

競売でマンション経営をするメリットとデメリット

競売でマンション経営をするメリットとデメリット

マンション経営をするためには、まずは物件を取得する事が必要となります。収益物件を取得するためには色々な方法がありますが、その一つの方法として考えられるのが競売です。競売では、裁判所が差し押さえた物件を購入する事ができるのです。例えば、債務超過などに陥って、債務整理を余儀なくされた場合には、すべての資産を整理する事が必要となってきますが、このときには保有している物件を売却しなければならない事も多いと言えるでしょう。裁判所が保有している物件を差し押さえて売却する事になります。このときの売却の方法としてとられるのが競売なのです。ですから、基本的には差し押さえられた物件であるという事を把握しておく事が必要となってきます。
この競売のメリットというのは、やはり安く購入する事ができるという点でしょう。競売では、市場価格よりもかなり安く購入する事ができます。そのために、非常に魅力的なものであると考えられるのです。安く購入する事ができれば、当然の事ながら利回りも高くなると言えるでしょう。これを目的として競売に参加する人もいるようです。競売というと、不動産業者などが参加するものだと考える人も多いようですが、最近では個人でも参加する人が増えてきているようです。競売に参加するためには色々な知識が必要になりますが、それほど難しいものではありません。ある程度は勉強しなければなりませんが、少し勉強すれば参加できるくらいの知識はつくでしょう。競売のデメリットとしては、まず現金で決済しなければならないという事です。落札した後には、必ずその代金を支払わなければなりません。ですから、ローンを組みにくいという特徴があるのです。競売に対応したローンもあるようですが、あまり多くはないようです。ですから、落札した後に代金を振り込む事ができるだけの資金計画を立てて置くという事が必要になってきます。ある程度の資金を持っている人でないと、この面は難しいでしょう。

使える情報を知るリンク